BACK

                                   2003/05/21

     「Di Livioに千羽鶴をおくろう!」企画について(ご報告)

    アンジェロ・ディリーヴィオ選手に千羽鶴を作って贈ろう!という企画に
    ご賛同いただきまして、ありがとうございました。
    沢山の会員の方から折り鶴が寄せられ、総数1040羽に達しました。
    これを千羽鶴の形に仕上げ、ディリーヴィオに宛てた手紙を付けまして、
    5月21日、クラブ宛に発送いたしました。

 
長さ1メートルくらい。なかなかのボリューム感。       ディリーヴィオへの手紙 内容は↓に。

   

  <和文>

                           京都 2003年5月20日

      アンジェロ・ディリーヴィオ様

     突然このような手紙が届き、驚いているかもしれませんが私たちはヴィオラ
   クラブ京都です。

     あなたが試合中怪我したことを知りましたが、すでに順調に回復しつつある
   ことを聞き安心しました。我がクラブではあなたに対する応援のしるしとして、
   この手紙とともに我々の手作りの贈り物をいたします。

     これは「千羽鶴」と呼ばれるもので、折り紙の一種です。「折り紙」とは紙を
   折るという意味で、日本の伝統文化のひとつであります。

     9世紀(平安時代)、日本では、貴族のあいだで手紙のやりとりや当時貴重
   だった紙を用いて贈り物を包むことが流行しました。貴族たちは特に折り目の
   美しさを知り、そこから盛んになりました。

     14世紀ごろになると、公家や武家なども公式にこのような作法を取り入れる
   ようになり、現代の私たちの文化に受け継がれています。

     今回、私たちは紙で作られた鶴の束を贈ります。これは病気のひとに対する
   祈りを具現化したものであり、快方を願う気持ちがこめられています。

     感謝の気持ちとともにこれからのご活躍をお祈りしています。


                    ヴィオラクラブ キョウト
                  会長   山崎 彰彦
                    クラブの全メンバーとともに

 

ディリーヴィオが来シーズン、元気な姿をピッチの上で見せてくれることを祈りつつ、
会員の皆様のご協力に感謝を込めて報告します。 ありがとうございました!!!

 

 

 

 

SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO